訪問リハビリテーション

訪問リハビリテーションとは?

訪問リハビリテーションとは?

その方の実際の生活の場へお伺いし、日常生活の自立と、家庭内での家事や、外出や、地域の集まりへの参加、買い物へ出かけることなど、社会参加が行えるようになることを目的にリハビリテーションを提供するサービスです。

 

ご⾃宅での⽣活や、社会参加が思うように進まない原因はさまざまです。 ⽣活や社会参加をを阻害している原因を探り、その方その方それぞれの状況に応じアプローチを行っていきます。

 

国家資格を有するリハビリテーション専門職である理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がその方の状況に合わせて訪問いたします。

 

※訪問STを開始いたしました。失語症、高次脳機能障害、摂食・嚥下障害などでお困りの方、お気軽にご相談くださいませ。

パンフレットはこちら

訪問リハビリテーションの具体的内容

病状、状況の観察・助言

バイタルサイン、病状の観察や助言、精神面の健康状態の確認や助言、介助者の負担や健康状態の確認、再発予防アドバイスなど

  

身体機能へのアプローチ

身体機能(筋力、柔軟性、バランス、歩行能力、運動麻痺など)の維持改善、痛みの評価、補装具の適応判定、調整に関するアドバイス、実際の屋外歩行練習など

住環境の整備や
福祉用具の活用・助言

手すりの設置位置や段差解消の検討

住宅改修に関する提案、アドバイス

福祉用具の選定、変更、調整、使用練習など

  

ご家族、介助者への
介護指導や援助

生活方法、状況の確認、助言

負担の少ない介助⽅法の指導

精神的な支援、相談

福祉制度利用に関するアドバイスなど

活動・社会参加・生きがい活動支援

面談による目標設定、状況再認識

活動・参加の場の紹介

実際の参加場面での練習

趣味活動の再開に向けた支援など

摂食嚥下・高次脳機能障害

に対して

摂食・嚥下機能の評価、アプローチ

食形態、栄養状態へのアドバイス

失語症、高次脳機能障害の評価、訓練など

 

実際の訪問リハビリテーションの様子

寝室で布団の上げ下ろし
本屋で買い物をできるように
慣れ親しんだ道を散歩できるように

ご利⽤対象者

要支援介護認定(要支援1〜2もしくは要介護1〜5)をうけている方
かかりつけ医師(主治医)が、訪問リハビリテーションが必要であると判断した方 

※要介護認定を受けている⽅は原則として介護保険でのご利用が優先します。
※65歳未満の⽅や、65歳以上で要介護認定をうけていない⽅は医療保険での利用が可能となります。
※主治医の診療情報提供書が毎⽉必要となります。
※訪問地域などにより、ご希望の時間、曜日に添えない事がございますので、ご相談ください。

ご利⽤開始までの流れ

  • ①ご本人・ご家族からの要望
  • ②主治医・担当ケアマネージャーから当院に依頼
  • ③利用日・利用時間の調整
  • ④担当者会議(重要事項説明・契約)
  • ⑤利用開始

当院受診、医師による指示書作成(当院以外にかかりつけ医がいる場合でも、受診が必要となります。三か⽉に⼀度の当院受診が必要となります。)

ご利用をご検討の方はお気軽にお問い合わせください

TEL:03-3851-9375

FAX:03-3851-9380

入院相談はこちら
病院紹介
外来診療
入院案内
リハビリテーション
採用情報 看護部
交通アクセス
お知らせ・イベント
サイトマップ