当院のリハビリテーション

画像

リハビリテーション科の理念

 その人のストーリーを紡ぐ
 「ほんとうのリハビリテーション」を提供します。

⾃宅に帰り、⾝の回りのことが安全にできるようになった...はたしてそれだけで、人生が充実している、と思えるのでしょうか?

本来「リハビリテーション(Rehabilitation)」とは、再び(Re)-適した(habit)-状態へ復権する、という意味を持っており、単純にからだの機能を回復させる、という意味だけでなく、その人らしい、人間的な生活に復権する(全人間的復権)という意味を含んだ概念です。

家の中でトイレにいける、お風呂に入れる、食事を食べられる、それはとても大事なことですが、さらに、友人と会う、ご家族とデパートに出かける、旅行に出かける、趣味を楽しむ・・・ 

そういった楽しみ、⽣きがいがあるからこそ、「⽣きている」と感じられるのではないでしょうか。

そんな当たり前の「その人らしい人生」を取り戻すため、みなさまひとりひとりの、それぞれのストーリーに合わせた「ほんとうのリハビリテーション」を提供する、それが当院リハビリテーション科の理念です。

当院のリハビリテーションをご利用される際には、ぜひとも「こういうことができるようになりたい、してみたい」などみなさまが大切にされていることをセラピストにお聞かせください。

 

「ちょっと無理かもな〜」なんてご遠慮する必要はありません。

 

私たちは全力で、あきらめずに、その実現をサポートいたします。

柳橋リハビリテーションニュース一覧へ

リハビリテーション科 各部門のご紹介

理学療法

(PT:Physical Therapy)

理学療法士(PT)

専門的な評価に基づき、オーダーメイドの運動療法プログラムを提供したり、物理的手段を用いからだの機能を回復、最⼤化し、動作能⼒を向上、維持するのが理学療法です。

作業療法

(OT:Occupational Therapy)

作業療法士(OT)

作業をすることで人は元気になれる。一人一人の「⼤切な作業」ーやりたいこと、困っていることーを行え、豊かな人生を過ごせるよう支援するのが作業療法です。

言語聴覚療法

(ST:Speech Therapy)

言語聴覚士(ST)

コミュニケーションに関わる「言語障害」「高次機能障害」や、食べる、飲むに必要な「嚥下」に対する評価や改善プログラムを提供するのが言語聴覚療法です。

回復期病棟でのリハビリテーション

 回復期リハビリテーション病棟は、集中的なリハビリテーションを行い、1日も早い自宅復帰と、その人らしい生活への復帰を促進する病棟です。必要に応じて理

 学、作業、言語聴覚の各種療法士が担当となり、1日最大3時間(9単位)のリハビリテーションを実施しています。

 

 在宅退院にあたっては、在宅領域の社会資源(ケアマネージャー、訪問看護、訪問ヘルパー、訪問リハビリ、通所サービスなど)を紹介、調整し、病棟で行えるよう

 になった活動が、在宅復帰後も無理なく、安定して行えるような退院調整を行うよう心がけています。

 

療養病棟でのリハビリテーション

 療養病棟では、回復を目指す方、ターミナル期として苦痛なく過ごすことが主目的となる方、など、入院されている方の状況がお一人お一人大きく異なります。ご家

 族、病棟と連携をしながら、その方の状況に合わせ、回復期リハと同様に機能回復を促進したり、苦痛の除去や、褥瘡、拘縮などの二次的な合併症の予防、またご家

 族との価値のある時間を過ごせるように介助のもとベッドから車椅子に移って過ごしていただく、などのリハビリテーションを実施しています。

 

 ※原則として、リハビリテーション期限を終了された方は最大月間13回までのリハビリテーション提供となります。

外来リハビリテーション

 外来通院される方へのリハビリテーションは、主に肩関節周囲炎や変形性ひざ関節症などの整形外科疾患や、脳血管疾患の退院後に生活を行えることはできるが、も

 う少し機能的なプログラムを継続したい、といった方のご利用が多くなっております。脊髄損傷へのリハ、切断後の義足歩行練習、失語症に対する継続的な言語聴覚

 療法、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの呼吸器疾患に対する呼吸リハビリテーションなども対応可能です。外来にてリハビリテーションをご希望される場合は、一度

 ご相談ください。

 

 ※外来リハビリテーションの開始には医師の診断と処方が必要となります。詳しくはお問い合わせください。

 ※リハビリテーション期限を越えての継続は原則、行えません。

在宅リハビリテーション(介護保険領域のリハビリテーション)

 在宅領域でのリハビリテーションとして、訪問リハビリテーション、通所リハビリテーション(短時間型)を提供しております。病院の中で提供できるリハビリテー

 ションだけでは、最終的な生活への定着、習慣化には至らない場合がございます。実際に在宅生活を送る中で、お困りの点、新たに気付いた問題に対処できるよう、

 支援させていただきます。

 

 案内パンフレットを下記よりダウンロードいただけますので、ぜひご覧ください。

 

訪問・通所ご利用案内パンフレット (ケアマネージャ様・ご利用者様向け)

 

 ↓下記より、詳細な紹介がご覧いただけます。

 

リハビリテーション科 概要

人員体制
理学療法士(PT) 13人 作業療法士(OT) 6人
言語聴覚士(ST)   4人 リハビリ助手        2人

合計23名の療法士が所属 ※2016年8月現在

施設基準
運動器リハビリテーション料(Ⅰ) 
脳⾎管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ) 
呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ) 
廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ)
スタッフの保有資格・認定

・認定理学療法士(呼吸器)  /(公社)日本理学療法士協会

・認定理学療法士(運動器)  /(公社)日本理学療法士協会

・糖尿病療養指導士/(社)日本糖尿病療養指導士認定機構

・NST専門療法士/(社)日本静脈経腸栄養学会

・呼吸ケア指導士/(社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

・介護予防推進リーダー/(公社)日本理学療法士協会

・地域包括ケア推進リーダー/(公社)日本理学療法士協会

・AMPS認定評価者/Center for Innovatice OT Solutions

・ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(NSCA-CSCS)/NSCA

  

国家資格にくわえて各自が研鑽を積み、専門分野の認定資格を有するスタッフが多数在籍しています。

設備機器のご紹介

画像

レッグプレス・チェストプレス

画像

自転車エルゴメータ

画像

上肢エルゴメータ、トレッドミルなど

画像

運動療法に適した環境のリハビリテーション室

画像

機能的電気刺激装置,IVES(アイビス)

画像

歩行分析装置 ゲイトジャッジシステム

画像

科学的に歩様を確認しながら理学療法を進めます

画像

失語症・高次脳機能検査キット

>
<
入院相談はこちら
病院紹介
外来診療
入院案内
リハビリテーション
採用情報 看護部
交通アクセス
お知らせ・イベント
サイトマップ